2020年09月25日

賃貸借関係の共存の時。

またまたブログのアップが間を開けてしまいました。都内での収益用/住宅用物件の売買の動向も気になりますが、コロナ禍での貸事務所・貸住居等の賃貸借契約における貸主様と借主様との共存を今、何とかコロナ感染の収束を切に願いつつ、良好な関係を維持しつつ、様子を見守るしかない時ですね。「家賃支援給付金」の申請に関してのご質問やお手伝い、更新契約時期における双方のご相談/交渉など、双方の間に入らせて頂き、何とか個別のご事情等を鑑みながらも”共存”の道を歩んで戴けますよう弊社も出来る限りでご相談/交渉に臨ませて戴いております。おかげさまで、今のところ決別してしまった例は1件もなく、只々コロナ感染の状況と各企業様の売上模索を弊社も含めて、お祈り申し上げている状況が続いている感じです。早期の収束を願いつつ、引き続きの出来る限りでの賃貸借関係の共存をコミュニケーションでのお手伝いを真剣に且つ慎重にさせて頂いております。何卒よろしくお願い申し上げます。
尚、弊社の管理物件以外の方でもこのようなお困りの状況がございましたら、一度ご相談戴ければとも存じます。多少のお役に立てれば幸いに存じます。
posted by 菊田(キクタ) at 17:27| 日記